理想のマイホーム実現のために!注文住宅の建築実例一覧

日本の伝統技術

女性

日本の伝統工芸はとても繊細で美しく綺麗なものが多くあります。日本の住宅においても伝統の素晴らしい技を持った職人さんがいます。それが宮大工です。宮大工が普通の大工と違うところは、釘を使わずに建物を立ててしまうことでしょう。建物には、沢山の木材が必要になり、一つ一つバラバラの木材を伝統的な組み方をすることで、一体化させることが出来るのです。この手法で家を建てることで、釘を使うよりも強度の強い建物にすることが出来ます。日本は地震が多い国ですが、宮大工が建てた建物は、大きな地震が発生しても崩れることがないほどの強度と耐震性があることが証明されています。

日本の宮大工の歴史は古く、奈良時代に海外から来た慧慈が寺を建てた際に使った技術が元になっているそうです。その技術は非常に高度で、礎石と呼ばれる石の土台の上に、柱を建てることで、地震の揺れに反発して建物を崩壊から防ぐ構造になっています。また、地面に石の土台があることで、木材の柱が湿気を吸収して腐ることを防ぐ役割もあります。細部の至るところまで計算尽くされています。

宮大工は、日本の伝統的な建物に多く用いられています。観光名所でもお寺や神社も高度な宮大工で作られていることがあります。屋根や柱、梁なども構造も複雑で直線だけでなく、湾曲した形でも対応ができるので、国宝に指定されているお寺も宮大工の技術が使われています。現在はこの技術を使える職人の数は少なくなっていますが、一般の住宅も宮大工で建てることが出来ます。自分のマイホームを宮大工に依頼すると、木の温もりがある、地震に強い建物になるでしょう。